超回復 (ただいま制作中)

筋トレと超回復
筋肉を発達させるには、少なくとも最大筋力の60%以上の負荷が必要で、
超回復を起こさせるには48時間、大胸筋、背筋、大腿四頭筋などの大筋群は
72時間の休息が必要です。

 
負荷:弱い負荷(ウォーキングなど)はエアロビクス効果はあり、心肺系の強化には多少効果はありますが
  筋肉の発達にはあまり役に立ちません。筋肉が発達するためには60%以上の負荷で短時間に使い切る
  必要があります。

筋トレの基本:
  メインのセットは10回×3、アップとクールダウンも忘れずに。
  関節の可動域はすべて使うようにする。反動は使わない。
  フォームが重要。

 ※間違えた筋トレは筋肉が発達しないだけでなく、逆に弱くなったり関節や筋肉を傷つけたり
  します。自己流のフォームは、怪我の元です。

 ※周りを参考にしないこと。
  というのは、残念ながら、正しいフォーム、正確な知識を備えた方は数少ないからです。
  「こうすると効く」とか「○○はこうやっている」など、一流のアスリートの真似が
  流行ることがありますが、自己流のフォームを参考にしてしまうと、努力が無駄になります。
  判断できるだけの知識をまず自分のものにしましょう。

戻る