トレーニングの原則

 
「ルーの法則」と「トレーニングの五大原則」
 「ルーの法則」ドイツの生物学者ルーが提唱したもので、「ヒトの器官や
機能は、適度に使えば発達し、使わなければ退化・萎縮する』という法則で
す。「ルーの三大法則」「ルーの三原則」と呼ぶこともあり、これは筋トレ
にも当てはまります。また、「トレーニングの五大原則」はこのルーの法則
をもとに発展させたものです。
1.漸進性、漸増性:
 普段より強い運動強度でトレーニングを続けると、その負荷に対しての体
 が適応し、体力レベルが向上する。それに対応してしだいに負荷を増して
 いくことにより、さらに体力レベルが向上する。
2.全面性の原則:
 トレーニング強度を変える、頻度を変える、用具を使う、などいろいろい
 な刺激を体の各部に与え、満遍なく全体を鍛えることで効果があがる。
3.意識性の原則:
 トレーニングを行う本人が、計画や目的をきちんと把握し、自己コントロ
 ールしていくこと。トレーニングへの主体的な取り組みがレベルアップに
 つながる。
4.個別性の原則:
 トレーニングは、各個人に適したものでなければならない。各個人の体力、
 競技レベル、性別、年齢等に応じたトレーニングを行い、またその目的を
 明確にし、各個に合ったトレーニングでなくてはならない。
5.継続、反復性の原則:
 トレーニングに即効性は無い。トレーニングにより与えられた刺激によっ
 て体力レベルが向上し、またその刺激に適応するには、一定期間のトレー
 ニングが必要になる。


戻る