空気消費量(1)


「今日はたくさん残った」とか「バディより残圧が少ない」など感覚で判断しがちな空気消費量を計算してみましょう。

  Jin

 タンクリットル

 開始圧力kg/cm2   残圧kg/cm2

 平均水深m   潜水時間

 空気消費量=リットル/分  

 


空気消費量=(EN前の圧力−EX後の残圧)×タンク容量÷(平均深度÷10+1)÷潜水時間

で表されます。電卓でも簡単に出せますので、毎回記録に取っておくと自分の空気消費量の傾向が分かりますよ。

次に、空気消費量のだいたいの目安です。
男性20リットル/分、女性15リットル/分以上
 まだまだ使いすぎです。けっこう潜っているのにこのレベルであればイントラに相談しましょう。

男性15〜20、女性12〜15リットル/分
 少し多めです。本数を重ね、スキルアップすることでさらに少なくなっていきます。

男性15リットル/分、女性12リットル/分以下
 普通です。問題ありませんのでダイビングを楽しんでください。

体格のいい人はこれより少し多く、小柄な人は少なめです。流れがあったり当日の体調によって多少変動します。
※ ガイドやイントラは男性でも12以下の人が多く、まれに10以下のエラ呼吸?半魚人もいます。(^^;

空気をむりやり節約しようとしても消費量は減りませんし、頭痛の原因になったりします。空気消費量(2)で、他のスキルとの関係や消費量の減り方を説明しましょう。


Diving へ

home page